So-net無料ブログ作成
児童書 ブログトップ
前の5件 | -

村岡花子訳 青い鳥文庫の「赤毛のアン」シリーズ [児童書]

去年我が家は「赤毛のアン」にハマってました。
テレビで再放送されてて。
面白いよ♪と娘にススメたところ。
家族みんなのお楽しみ番組に。


声優陣の演技が素晴らし〜☆
特に感情を押さえたマリラ役が秀逸。
アンのKYぶっとび妄想少女っぷりが面白いのなんの(*´∀`)



子供の頃大好きだった「世界名作劇場」。
大人になってから観ても楽しめる〜(*´Д`*)
勢いで「アルプスの少女ハイジ」も全部見直したりして。
わかっちゃいるけど、何度見ても最高!!


昔は優良な子供向け番組に恵まれてたなぁと。
ずっと心に残るような作品って最近少ない気がします。
そもそもの出発点から違う気が‥‥。


で。本好きの娘。
アンの話の続きが読みたいと。
村岡花子さん訳の青い鳥文庫「赤毛のアン」シリーズを購入。
IMG_4773.JPG


古めかしくなく、とても読みやすい訳なんですが。
うーーー。
正直アニメの方がオモロかったなぁ(・∀・;)
それぞれのキャラクターがよく表現されていて。


娘は一気に3巻「アンの愛情」まで読んでましたが。
私は第2巻「アンの青春」でスピードダウン。
分別をわきまえたアンなんてつまんなーい!!


最新刊の「アンの夢の家」まで買いましたけどね。
たどり着けるかね、母さん。
IMG_4785.JPG


とりあえず、次の連続テレビ小説「花子とアン」は絶対観る!!
村岡花子さんの生涯。
気になります。


娘にはこんな本もおねだりされまして。
「川の光2 タミーを救え 」。
小4でも大丈夫?って心配でしたが、どんどん読み進めてます。
IMG_4780.JPG


1900円もして高かったよー。
子供の本代はケチっちゃいけないと思いつつ。
たかーっ!分厚いけど。


サイン本でした。
IMG_4779.JPG


東京の本屋さんってすごいね♪



赤毛のアン (新装版) (講談社青い鳥文庫)

赤毛のアン (新装版) (講談社青い鳥文庫)

  • 作者: L.M. モンゴメリ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/07/31
  • メディア: 新書



川の光

川の光

  • 作者: 松浦 寿輝
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 単行本


「ミルメーク」と夏休みの読書 [児童書]

世の中お盆休みだったようですが、普通に仕事してました。
いつもは満員の電車がスカスカ快適〜♪
そんなオイラも夏休みに突入、久々にブログ更新(。・ω・)ノ


子育てしててオモロいなぁって思うのって。
我が子を通して「子供時代」を再び疑似体験できることです。
給食ネタの鉄板、「ミルメーク」をスーパーで発見☆
RIMG2515.JPG


私が小学生の頃、最初は瓶牛乳だったような‥‥。
しかし粉の「ミルメーク」は記憶に無し。
おそらく早々に瓶牛乳からテトラパックになったんだと思われます。


とりあえずパパが大喜びw
いろんな味が売られてて。
メロンやバナナといった、ちょいキモそうなフレーバーも。



娘も初体験のミルメーク。
甘ーいコーヒー牛乳になってすごく気に入ってた♪
子供が好きな時に自分でコーヒー牛乳を作れるなんて。
便利だなこりゃ(・ω・)b


んでんで。
この夏休み、娘に読書ブーム到来☆
とりあえず名作っぽいの借りてみたり。
RIMG2477.JPG


私が読みたい本を選んで与えてみたり。
いぬいとみこさんの文章って優し〜♡
「ムーシカミーシカって昔アニメになってましたよね♪」ってパートさんズに話したら‥‥。
誰一人知らず。うそっ!
(自分の妄想かと焦ったらそんなことあらず)
RIMG2478.JPG


娘の読破スピードがあまりに早すぎて、図書館通いが間に合わ〜ん!
てなわけで、読み終わるのに何日もかかりそうな大作を与えてみる実験。
「二年間の休暇」をチョイス。
「十五少年漂流記」じゃなく、敢えて長いバージョン。
RIMG2514.JPG


‥‥二日で読み終えちゃったよ、娘Σ(゚ω゚)
ひぃいっ。
実家にもあったのに、何十年も読破できていない私。
そして死ぬまでに読み終わらない予感(-ω-;)


この夏休み、娘は30冊を超える勢いで読書しまくってるけど。
中でも一番気に入ってた本がコチラ。
「グリックの冒険」です☆
RIMG2531.JPG


こちら「ガンバ」のシリーズでして。
(昔アニメありましたね、見たこと無いけど)
「冒険者たち」→「ガンバとカワウソの冒険」と続きます。
全巻すごく面白かったそうなので、私も読んでみたい♪
RIMG2536.JPG


「星新一」先生にもハマった様子。
次々読み始めたよ〜。
私は「新美南吉」先生をば。
表紙が素敵すぎ‥‥♡
日本語の使い方がしっとり優しいなぁ(*´Д`*)
RIMG2530.JPG


私はコチラも。
「ムーミン」が何故に根強い人気を誇るのか、研究すべく。
昔からアニメもろくに見たこと無くてですね‥‥。
謎のムーミンワールド。
哲学的な感じなんですよね?たしか。
しかーし、時間が足りずに手つかずのまま返却(´・ω・`)
RIMG2532.JPG


ほわーんとした話は苦手だけど。
気になる、ムーミン。また借りてみよ!
バーバパパはファンキーで大好きだったんだけどなー。
全然テイスト違うか(-ω-;)


ミルメーク いちご 5g×20袋

ミルメーク いちご 5g×20袋

  • 出版社/メーカー: 大島食品工業(株)
  • メディア: その他



グリックの冒険 (ガンバの冒険シリーズ)

グリックの冒険 (ガンバの冒険シリーズ)

  • 作者: 斎藤 惇夫
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1982/11/08
  • メディア: 単行本



新装版 ムーミン谷の彗星 (講談社文庫)

新装版 ムーミン谷の彗星 (講談社文庫)

  • 作者: トーベ・ヤンソン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/04/15
  • メディア: 文庫



「くふうの図鑑」と風呂敷ガール [児童書]

娘が春のバッグを作りました。
風呂敷で(・∀・)
RIMG1870.JPG


風呂敷でバッグが作れるなんて知りませんでした〜。
突如、風呂敷大好きガールになった娘。
きっかけはコチラ。小学館の「くふうの図鑑」です。
RIMG1872.JPG


CMに惹かれて欲しがった本。
3年生にはちょっと内容が幼い?値段も高いぞ…なんて思いつつ。
本に興味を持つのは良いことだから買ってやらな!!と購入。
RIMG1871.JPG


初回特典の「くふうふろしき」が娘に大ヒット☆
布一枚で色んな形のバッグが作れることを知り、次々作ってはファッションショー(w´ω`w)
かわいい…♡


もっとカワイイ風呂敷が欲しい〜ってことで、濱文様さんで買ってきました。
風呂敷バッグ用の持ち手なんてのも売ってて。
竹ハンドルに風呂敷を通して結ぶだけでバッグが完成。
こんなの知らなかったー!!
RIMG1873.JPG


「桜の柄だから使えるの春だけだからね!夏にこれ持ってたら超ダサいよ〜!!」と指導。
子供には「これは危ない!」とか、「モノの善悪」とか一つ一つ教えてきましたが…。
オシャレの何たるかを教えるお年頃になったのね〜。しみじみ。


こんなカワイイ桜柄。
先週買ったばかりなのに、もう関東は桜が満開の模様ヽ(゚Д゚;)ノ!!
…桜が散った後の4月にこれ持っててもダサい!?
濱文様さんって本当にカワイイ柄が多くて大好き。
また季節の風呂敷買ってカスタマイズさせよ〜っと♪


そんな我が家。
昨日から福岡のババ様が滞在中。
親孝行ウィークのスタートです☆


楽しく遊ぶ学ぶ くふうの図鑑 (小学館の図鑑 プレNEO図鑑)

楽しく遊ぶ学ぶ くふうの図鑑 (小学館の図鑑 プレNEO図鑑)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/02/22
  • メディア: 単行本



ナンシー関と「王様シリーズ」 [児童書]

ブログを始めたきっかけは絵本でした。
子育て中に200冊ぐらいの絵本と出会い、記録として残しときたいなーと。
しかし書き始めたのは娘が小学校入学後…。
絵本なんて全然読まなくなっちゃったよ(・∀・;)


別のとこで「子どもとのんびり読書日記」っつうアカデミックな素敵ママを演じようと始めたのに。
完全に名前負けしてしまって放置\(^o^)/
ソネブロに移動して、今や萌えネタ満載♡
んー、人間カッコ付けようと思ってもダメですねww


我が家、よく図書館のお世話になっております。
最近娘が「王様シリーズ」にハマってくれて嬉しい!
私が子供の頃、一番お気に入りだったシリーズ。
寺村輝夫さんの本が大好きでした。
ストーリーがユニーク☆
RIMG0649.JPG


そんなおかんは最近こんなの借りてました。
今敢えてのナンシー関!
(岡村ちゃんがらみの出版物をあさってた時以来。)
この方、本当に才能ありますね〜。惜しまれる… ( ノω-、)
RIMG0582.JPG


消しゴム版画の実力はもちろん知ってましたが、文章が面白い!
瀬戸朝香さんに対し、「プロレスラーになってくれないだろうか」とかwww
RIMG0587.JPG


彼女のコラムは着眼点が秀逸♪
「日本人の5割は"銀蝿的なもの"を必要としている」では、「世の中が好きな不良はあくまでも的場浩司や辰吉丈一郎の系統であり、真木蔵人の系統は拒否されるのだ。」とか。
確かにー!


他にもヤワラちゃんが選挙に出そうとか、徹子リアクションの耐えられないキツさとか…。
当時は立候補なんて話もなかったし、徹子の部屋芸人のキツさも知られてなかったし。
もうまさに今その通りになってますから!
すごいなー、ナンシーさん。先見の明がある(・ω・)b


昨今のAKB商法とか、出稼ぎK-POPとか…。
ナンシーさんならどうズバッと書いてくれるか読んでみた〜い!!
はー、勿体無い才能を失ったな。


他にも酒井順子さんブームが到来。
RIMG0584.JPG


淡々と面白いことを書かれる方だなぁ。
すっかりファンになっちゃいました。
お一人様の孤独死に対し「腐乱も辞さず。」の一言にノックアウト☆
RIMG0652.JPG


世の中、本当に文章が上手い方っていらっしゃいますね。
そのセンスに憧れてしまう☆
男性では藤原正彦先生を尊敬してます(*´Д`*)
(品格ブーム、藤原先生の”国家の品格”が先やけねー!)
どうしても無駄にだらだら長文書いちゃう自分のつたなさよ…(T_T)


オーボンヴュータンの本も。
これ、まさかの6500円超え。図書館に感謝。
RIMG0585.JPG


作業工程写真を見てるだけで萌えられる私です♡
RIMG0586.JPG


小説はご無沙汰だー。



おしゃべりなたまごやき (寺村輝夫の王さまシリーズ)

おしゃべりなたまごやき (寺村輝夫の王さまシリーズ)

  • 作者: 寺村 輝夫
  • 出版社/メーカー: 理論社
  • 発売日: 1998/05
  • メディア: 単行本



ナンシー関全ハンコ5147

ナンシー関全ハンコ5147

  • 作者: ナンシー関
  • 出版社/メーカー: アスペクト
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 単行本



藤原正彦の人生案内

藤原正彦の人生案内

  • 作者: 藤原 正彦
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 単行本



「妖怪人間ベム」と水木しげる「妖怪大百科」 [児童書]

クドカンと内館牧子脚本のドラマしか興味が無い私。
あとは山田太一作品ぐらいで、見るのはアメリカのドラマばかり。
韓国ドラマは完全スルー(-ω- )
その影響で娘も全くドラマを見てません。
「マルモのおきて」さえ見て無かったのに…。
めずらしく娘が興味を持った番組が。


それは、先日スタートした「妖怪人間ベム」!
まさかジャニーズの亀梨クンがベム役とはΣ(゚Д゚ノ)ノ
彼の陰りの有る雰囲気はとても好きなんですが、ベムにしちゃ若いよな〜。
ベラは杏ちゃんだし。
ま、2人共有りっちゃ有りのキャスティングかと納得したけれど…。


昔の怖〜いアニメを知ってる世代には、もっと大人なイメージなんですよね、ベムとベラって。
ベムはARATAさんや、亡くなられた古尾谷雅人さん。
ベラは浅野温子さんや、五十嵐いづみさん(引退されてた!)あたりかな?


ベロ役の福クン、可愛い過ぎて悲壮感が出てないよ〜。
つり目の子役はいなかったのか!?


娘、「妖怪人間ベム」がとても気に入ったらしい。
昔のテーマ曲もYouTubeで聴いたりして。
良いよね〜、あの曲。
我が家の「ピヨリーナ1号」達にもベム・ベラ・ベロと名付けました。
RIMG0113.JPG


寝る時も3羽一緒でぬくぬくだピー。
RIMG0126.JPG
(毎晩こんな風にベッドの傍らにベムベラベロを寝せてあげてる娘です。)


既にテーマ曲が流行ってるのか?
帰宅途中の中学生達が歌いながら歩いてました。
浸透早いな!


私自身、こども時代に怖いお話が大好きだったので、ベムは好きなアニメの一つでした。
ダークな話も子供には必要だー!
鬼太郎なんて昔はもっと怖かったしね。


ちょっと怖い物に興味を持ち始めたお子さんにお勧めの本が。
水木しげるの「妖怪大百科」です。
RIMG0142.JPG


兄がいるせいか、子供時代に家にあって熟読してました。
復刊を待ち望んでいた主人が、発売後に即購入したもの。
イラスト達が超〜懐かしい!!
子供時代にインパクトを受けたものって、鮮明に覚えているものですね。
RIMG0143.JPG


お互い子供時代に大好きだった本なので、夫婦でわーわー言いながら読みました。
日本妖怪大全」は字が小さくて大人向きです。
今更ながら、「悪魔の花嫁」も大人買いしたい…。


水木しげる妖怪大百科

水木しげる妖怪大百科

  • 作者: 水木 しげる
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2004/10
  • メディア: 単行本



図説 日本妖怪大全 (講談社プラスアルファ文庫)

図説 日本妖怪大全 (講談社プラスアルファ文庫)

  • 作者: 水木 しげる
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1994/06/14
  • メディア: 文庫



悪魔の花嫁 1 (プリンセスコミックス)

悪魔の花嫁 1 (プリンセスコミックス)

  • 作者: 池田 悦子
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 1975/12
  • メディア: コミック



前の5件 | - 児童書 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。